So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
山歩き(2000~2500メートル) ブログトップ
前の10件 | -

白砂山(2018年7月14日)①/2 [山歩き(2000~2500メートル)]

 天気の良かった三連休ですが・・・
 
 そもそも今年に入って計画性が殆どなく、この三連休も何処に行くか考えないまま・・・

 尾瀬を歩いている時に、白砂山も良いかもと、翌日は北八をうろついて・・・なんて考えていましたが

 白砂山(野反湖)に向かう道中、車の凸凹通過時の振動やカーブ通過時に左腹部に鈍痛が・・・(尾瀬の時も兆候はあったのですが)

 それ以外は問題無いので、折角の晴天、こんな遠くまで来ているので、観光だけで帰るのは・・・
 ゆっくり歩けば何とかなりそうだし行けるところまで行こうと
DSCN8825.JPG
 プロローグの森の中を堂岩山まで行けば
 白砂山へ続く稜線がズバー!!
DSCN8827.JPG
 ただ、思った以上に花が少なく
 風も弱く
 日差しは強く
DSCN8829.JPG
 身体はバテバテ
 足元フラフラ
 飲料水も残量がヤバいし・・・

 (体調の事も含めて)そんな状態なので、往復コースにすれば良いのに
 何を血迷ったか、堂岩山から左に進路をとってしまい・・・
DSCN8833.JPG
 フラフラな状態で八間山まで行ってしまった。
DSCN8835.JPG
 素直に往復コースにすれば、下山後に野反湖のニッコウキスゲを観光して、温泉に入って、のんびり山旅を楽しめたのに、久々に面白くない山歩きをしてしまった。

 左腹部の痛みの為、翌日は山歩きを中止にして(ちょっと寄り道をしつつ)名古屋に戻りました。←この辺は鉄編で
 

カメラ‥Nikon COOLPIX A900


nice!(30)  コメント(2) 

至仏山(2018年7月8日)③/4 [山歩き(2000~2500メートル)]

 日曜日は天気によっては、そのまま鳩待峠に戻ろうかとも考えていましたが、天気予報では、まずまずの空模様だし、小屋から見える至仏山も山頂付近が雲に覆われているけど、ずぶ濡れになるような雲では無いので、予定通り至仏山に行くことにして、先ずは小屋で朝ごはん
DSCN8760.JPG
 のんびり準備をして至仏山へ
 湿原を抜け、森を抜け、森林限界を超えてからの
 尾瀬ヶ原を背景に高度をグイグイ上げるのが醍醐味の、このコース
DSCN8769.JPG
 滑りやすい蛇紋岩に苦労しつつも登山道脇に咲く花々に癒され、
 ゆっくり高度を上げていく。
 高天ヶ原付近で雨が気になり始めたので、念のため雨具を着るけど、山頂到着時には不必要と判断してザックの中へ
 下りも花を撮りつつ蛇紋岩に滑りつつ鳩待峠へ
 鳩待峠には昼過ぎに到着
DSCN8795.JPG
 花を撮りつつも、休憩を含めてコースタイムの30分オーバーなら良しとするか。
やや肥満の身体だし・・・(;^_^A
 
 峠に到着して初めにしたことは
DSCN8797.JPG
 花豆ソフトを食べる事
 そして
DSCN8799.JPG
 生ビールと蕎麦

 こんな事をしているから名古屋到着が遅くなるんだ!!
 

カメラ‥Nikon COOLPIX A900

nice!(33)  コメント(5) 

栂池自然園(2018年6月10日)③/4 [山歩き(2000~2500メートル)]

 栂池ヒュッテの朝食は、こんな感じ
DSCN8208.JPG
 朝からしっかり食べて、自然園を巡るだけなので、スタート時間も遅め
 DSCN8210.JPG
 ビジターセンター前に咲くシラネアオイを撮ってから
DSCN8275.JPG
 水芭蕉咲く湿原の散策のつもりでしたが
DSCN8257.JPG
 新緑に残雪、と足元を写さなければイメージ通りですが
DSCN8249.JPG
 シーズンには、まだ早いようで
DSCN8261.JPG
 残雪を思いっきり楽しんで散策終了
 栂池山荘で「さるなしソフト」
DSCN8283.JPG
 余分な荷物を預けていた栂池ヒュッテでは雪どけサイダー(他でも買えます。)
DSCN8284.JPG
 梅雨時の山歩きなんで雨に降られるかもと覚悟していましたが、雨に降られることなく予定を消化することが出来ました。
 

カメラ‥Nikon COOLPIX A900
nice!(24)  コメント(6) 

白馬乗鞍岳(2018年6月9日)①/4 [山歩き(2000~2500メートル)]

 栂池ヒュッテで宿泊の手続きをするも昼過ぎなので、余分な荷物は小屋に残して、山歩き開始。
DSCN8101.JPG
 空模様に不安はあるけど・・・
DSCN8123.JPG
 白馬乗鞍岳山頂?に着くと
DSCN8144.JPG
 天気は回復
DSCN8156.JPG
 春山を堪能して
DSCN8181.JPG
 小屋に到着。
 ひと風呂浴びたら夕食
DSCN8192.JPG
 食後は小屋の周辺を
DSCN8204.JPG
 ブラブラ
DSCN8206.JPG
 翌日の天気は・・・?
 

カメラ‥Nikon COOLPIX A900
nice!(29)  コメント(0) 

高見石(2018年2月3日~4日) [山歩き(2000~2500メートル)]

 北八で雪の山歩きを楽しんできました。

 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅で装備を整えツボ足でスタート
DSCN5484.jpg
DSCN5494.jpg
 五辻を過ぎた辺りからトレースを進んでも雪に嵌まりだしたので、ワカンを付けて
DSCN5495.jpg
 宿泊地の麦草ヒュッテへ
DSCN5516.jpg

 翌朝は最初からワカンを付けて歩き始め
DSCN5519.jpg
DSCN5521.jpg
 目指すは
DSCN5524.jpg
 白駒池
DSCN5525.jpg
 今回の最高地点、高見石に立ち寄って
DSCN5534.jpg
DSCN5536.jpg
 賽の河原経由で下山しました。
DSCN5541.jpg
DSCN5538.jpg
 

カメラ‥Nikon COOLPIX A900
nice!(58)  コメント(4) 

火打山(2017年8月18日~19日)①/2 [山歩き(2000~2500メートル)]

DSCN2737.jpg
 お盆休み後半は、ここら辺りで天気が回復しそうだなぁと思いテント泊で妙高・火打の予定でしたが、天気予報が若干悪い方に変更になっていたので、急遽、山小屋を予約して出かけてきました。

 遅い時間の方が天気が回復するだろうと、ちょっと登山口でのんびりしてからスタート
DSCN2716.jpg
 この杭の立つ場所までは雨に降られることなく順調に来ましたが
DSCN2743.jpg
(翌日、撮影)
 ここにきて雨が降り始め、小屋までもうすぐだから雨具を付けずに行こうと、そのまま進みましたが・・・直ぐにザァーと本降り。場所が場所なのでザックを下して雨具を取り出すことが出来ず傘を何とか取り出して、しばらく雨宿り。
 結果、全身ずぶ濡れで山小屋に到着。
DSCN2731.jpg
(翌日、撮影)
 この日のうちに火打山を往復するつもりでしたが、歩きは中止。(妙高は止めた!!)
 乾燥室の無い小屋なので、頑張って?着乾せ。(荷物は諦め)
小屋では
 生ビールは発電の都合、17時以降の提供なので
 小屋で購入した日本酒(値段は値段ですが良い意味で普通の地酒でした。) 
DSCN2719.jpg
 夕食(プラス生ビール)
DSCN2721.jpg
 カレー&ハヤシライス(多分レトルト)が食べ放題
 夕食後に火打が見えているよ!との事で
DSCN2723.jpg
 朝食は
DSCN2729.jpg
 中華丼(多分レトルト)
 雨は降っていないので、荷物の大半を小屋に置いて火打山へ
 ハクサンコザクラがなんとか残っていることは嬉しかったけど
DSCN2742.jpg
 何となく雷が鳴っているような?
 山頂に着いてもノンビリ出来る気分でないので、即Uターン
 山頂から下り始めると直ぐに雨が降り始め、カメラをザックにINにて雨具をON
DSCN2740.jpg
 登山口に到着時、天候は回復していましたが、足元はドロドロ、身体は汗と雨でビショビショ。
 ザック等を陽に当て軽く乾かしてから登山口を後にしました。

 今回の山行、ちょっと北に行き過ぎたかな?北アルプス付近だと天候はどうだったんだろう?
 

下山後は


nice!(25)  コメント(2) 

北八方面へ(2017年6月10日~11日)①/2 [山歩き(2000~2500メートル)]

 道中は良い天気だったのが、ロープウェイに乗る頃から徐々に嫌な感じに雲が・・・
 元々、地味な北八なのに、花も思った以上に少ないし、何か身体が重たいし・・・
 テンションの上がらない歩きを黙々と
DSCN1941.jpg
 雨池を過ぎると、パラパラと雨が・・・
 雨具を上だけ着るも、何となく使いづらい雨具だこと。
 フードを被るほどの雨脚ではないのにフードが収納式でないので、フードが頭の後ろ、ザックの上あたりで何となく邪魔っ気。ザックを背負ったり下ろしたりする時も邪魔。高い買い物だけに・・・
DSCN1944.jpg
DSCN1955.jpg
 双子池ヒュッテに泊まって
 翌日は晴天。
DSCN1961.jpg
 今回の一番高い場所の二子山を越えて
DSCN1960.jpg
 
DSCN1967.jpg
 ビーナスラインを越えて、高原状の山を縦走?しましたが
DSCN1980.jpg
 何故だか、この開放的で広々とした山岳風景の写真を1枚も撮っていなかった。
 

カメラ‥Nikon COOLPIX A900
nice!(36)  コメント(0) 

雲取山(2016年12月31日~2017年1月1日) [山歩き(2000~2500メートル)]

 年越しは雲取山。

 鴨沢からの人が多く歩きやすい道を、富士山を望みつつ、上へ上へ
71D_0099.jpg
 山小屋(七つ石小屋)で受付をした後、いったん空荷で七ッ石山山頂を往復
 山頂から雲取山に続く稜線を見て
71D_0113.jpg
 山小屋へ
 小屋内からの富士山(シルエットは小屋の管理人さん)
71D_0135.jpg
 小屋では薪ストーブを囲んで、お酒を飲んだり、食事をしたり。

 明けて2017年
 初日の出
71D_0170.jpg
 朝焼けの富士山
71D_0177.jpg
 雲取山で初日の出と朝焼けの富士山を同時に見ることが出来る小屋は、ココと頂上の避難小屋くらいかな?
 年が変わりちょっと名前が変わった?山小屋を出発
71D_0179.jpg
 標高2017mと西暦の山、雲取山を越えて
71D_0203.jpg
 人がめっきり少なくなった稜線を
71D_0206.jpg
 山歩きとしては、こっちのほうが楽しいと思うのですが。
71D_0208.jpg
 初詣で賑わう三峰神社へ下山?(まだまだ標高は高い場所ですが)
 雪どころかアイゼンいらずの山歩きでした。

 

カメラ…Nikon D7100
レンズ…AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
nice!(33)  コメント(9) 

徳本峠(2016年9月3日)①/2 [山歩き(2000~2500メートル)]

 早朝に島々を立てば日帰りで上高地に抜けれそうだなぁと、前回、徳本峠に張ったテントの中で考えて、陽の長いうちに行こうと思い、行ってきました。
D55_3408.jpg
 標高は稼げないのに、足の疲れがジャブのように徐々に効いてくる?、長い長い9時間の行程(休憩時間含む)でした。
D55_3420.jpg
 桂の木が多い沢沿いの道でした。
D55_3527.jpg
 徳本峠からの穂高連峰は・・・

 帰りに立ち寄りの温泉で汗を流して、その施設の食堂でご飯を食べようと思っていましたが、14時から17時30分の間、食堂は営業していないなんて・・・(_ _|||)
 

カメラ…Nikon D5500
レンズ…AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
nice!(23)  コメント(0) 

岩菅山(2016年7月24日) [山歩き(2000~2500メートル)]

 みゆきの杜YHのイベントに参加して、お手軽2000mクラスの岩菅山へ。
D55_3010.jpg

 花は野生ラン以外、あまり撮ってないなぁ。その少ない写真が失敗の量産で・・・
D55_3006.jpg


 で、野生ラン
 ↓ツレザキソウ属のランにしては背高なこれ、名前はなぁに?
D55_2972.jpg
 稜線ではキソチドリも見たけど写真撮ってないや。
 ↓アリドオシランとコイチヨウラン
D55_3035.jpg
 それぞれをアップして
 ↓まずはアリドオシラン
D55_3024.jpg
 ↓コイチヨウラン
D55_3032.jpg
 登りではアリドオシランだけしか撮っていなかったことに気付き、下山時に撮りました。

 今回のお出かけですが、ダブルブッキングをしてしまい、約束をしていた相手に・・・完全に1週間勘違いしていた。
 

カメラ…Nikon D5500
レンズ…AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
nice!(48)  コメント(2) 
前の10件 | - 山歩き(2000~2500メートル) ブログトップ